現代スマホ病 ストレートネック

2016年09月3日

こんばんは

堺市西区 鳳駅徒歩2分 めばえ鍼灸整骨院です。

最近はよくストレートネックという言葉を耳にしませんか?

若い女性に多く、スマホ病とも言われており、もはや国民病になりつつありますね。

ストレートネックとは名前の通り、頸椎の前弯がなくなって首がまっすぐに近づいている状態を言います!

まっすぐの方ええんちゃうの?って思うかもしれませんが、全く逆!

頸椎は30~40度前に傾いている事により上手くクッション作用が働き衝撃を吸収してくれているんです。

じゃあ

真っ直ぐになると、サスペンションのない車の様に衝撃がモロに首にかかってしまいます。

それで、体にどのような事が起こるかと言うと

主に[頭痛]や[肩こり]が生じます。

最初は軽い症状から起こりますが、間違った筋肉をほぐしたり、正しい治療を行わないと悪化します。

特に頭痛は悪化すると、やる気がなくなったり、ストレスを感じやすくなり気分が落ち込み、不眠症やうつ病、自律神経失調症にもつながる場合があります。

少しでも違和感を感じれば早めの治療、早めの予防法をおすすめします!

ストレートネックは病名ではありません。猫背や反り腰の様に体の状態を表しているに過ぎません。

病院の検査ではレントゲンなどで、ストレートネックだから治らないよ!と言われるかもしれませんが、あきらめないで。

正しい矯正を行えば、首に前弯をつける事ができますよ♪